ボトルネック奏法入門編

一見難解なスライド奏法もオープンチューニングを覚えれば意外と簡単なのです。

ボトルネック奏法とは?

ブルースにつきもののボトルネック奏法。一見難解そうですが、コツを覚えれば意外と簡単なのです。

オープンチューニング

ボトルネック奏法では、レギュラーチューニングで演奏することもありますが、一般にはオープンチューニングを使います。

スリーコードのポジション

ブルースの基本はスリーコード。まずはオープンチューニングでのスリーコードを覚えましょう。

7thコード

前回の練習曲を弾いてみて「なんか違うな?」と思いませんでしたか?そうです。ブルーノートが含まれていなかったんですね。

弾き語りのスタイル

弾語りスタイルの場合ボトルネック奏法でもベース音を弾きながら演奏します。

スケールとポジション

ブルースでスケールをマスターするには、先ずブルース・ペンタトニック・スケールを覚えてから本来のブルース・スケール(メジャースケール+ブルーノート)へ拡大する方が分かりやすいでしょう。

オープンD (前編)

オープンGをマスターしたらオープンDにも挑戦しましょう。この二つのチューニングを覚えればボトルネック奏法の基本はOKです。

オープンD (後編)

さて、オープンGと同じように、Dについても「オープン・ポジション」と「ブルース・ボックス」を覚えましょう。



スポンサーリンク

ブルースギター教則本


まるごと1本!ボトルネック・スライド・ギター[DVD]
打田 十紀夫
リットーミュージック
by amazon.co.jp