他の主要スケール

チャーチ・モード以外の使用頻度の高いコード・スケールです。主に、使用できるテンションの多いドミナント・コードやディミニッシュ・コードに対応します。

オルタード・スケール

構成音

Tonic m2/♭9 m3/#9 M3 ♭5/#11 m6/♭13 m7

「オルタード・ドミナント・スケール」とも呼ばれます。メジャースケールのトニック以外の音を全て半音下げた構造で、ドミナント・コードのコード・トーンのうち(Tonic・M3・m7)と、全てのオルタード・テンション(♭9・#9・#11・♭13)を含みます。

ホールトーン・スケール

構成音

Tonic M2/9 M3 ♭5/#11 m6/♭13 m7

全ての音程が全音間隔で並んだスケールです。指板上では市松模様のような並び方が特徴的です。調性はハッキリしませんが主にドミナントコードに対して適用されます。

ハーフ・ホールトーン・スケール

構成音

Tonic m2/♭9 m3/#9 M3 ♭5/#11 P5 M6/13 m7

音程が「半音-全音」と交互に並んだスケールです。半音違いの2つのディミニッシュ・コードを重ね合わせたような構成音から、別名を「コンビネーション・オブ・ディミニッシュ・スケール」といいます。ドミナント・セブンス・コードのコード・トーン(Tonic・M3・P5・m7)とテンション(♭9・#9・#11・13)を含みドミナント・コードに適用されます。

ディミニッシュ・スケール

構成音

Tonic M2/9 m3/#9 P4/11 ♭5/#11 m6/♭13 M6/13 M7

ハーフ・ホールトーンと同じく「半音-全音」と交互に並んだスケールですが「トニック-全音」と並ぶため半音ずれた構成になります。ディミニッシュ・コードに適用されます。

リディアン・ドミナント・スケール

構成音

Tonic M2/9 M3 ♭5/#11 P5 M6/13 m7

「リディアン・フラット・セブンス」とも言う。リディアンスケールの第7音を半音下げた音階。