トップへ戻る

高石ともや | 岡林信康

フォーク・クルセダーズ ( ふぉーくくるせだーず )

1965年、加藤和彦を中心に北山修、平沼義男、井村幹生、芦田雅喜の5人で結成。
後に井村、芦田が受験のため脱退し3人編成となる。

1967年、大学卒業を期に解散記念の自主制作盤「ハレンチ」を300枚限定でリリース。
その中に収められていた「帰ってきたヨッパライ」が深夜ラジオで取り上げられる。
テープの早回しを使った斬新な音とコミカルな歌詞が大反響を呼び、シングルリリース。
平沼が家業を継ぐため脱退し、代わりに以前から親交のあった、はしだのりひこが加入。1年限定でメジャー活動をはじめる。

2枚目のシングル「イムジン河」が政治的な理由で13万枚プレスするも発売中止(自粛)に追い込まれてしまうが、その「イムジン河」のメロディーをベースに「悲しくてやりきれない」をリリースする。
(2002年、「イムジン河」「悲しくてやりきれない」とカップリングであらためてリリースされることとなる。井筒監督の映画「パッチギ!」の中でも取り上げられ非常に心に残る。)

アルバム「紀元貳阡年」をリリースし活動を停止。
その後それぞれに音楽活動を続け、2002年、加藤、北山にアルフィー坂崎幸之助を加え期間限定で新結成している。

高石ともや | 岡林信康

TOP