HOME > 
ギタリストのためのコード理論講座

ギター初心者が難しめのギター雑誌などを読むための基礎知識です。コードの知識はアレンジや耳コピにも必須です。

ただし、あまり頭でっかちになるのは禁物です。

理論は音楽を理解するための手段です。 手段が目的になら無いように注意しましょう。

スポンサーリンク

はじめに

ギタリストのためのコード理論講座の使用上の注意と読み進める上で最低覚えなければいけない用語など。

音の読み方かぞえ方

コード理論を勉強して行く上で、最初に理解をしなければいけないのは音名の種類とその意味です。

長調と短調

長調と短調の違いは何でしょう?
単に「暗い響き」「明るい響き」では無く、理論上の違いを理解しましょう。

コードの基礎(トライアド)

コード(和音)は音程の異なる3つ以上の音を重ねて作ります。
この一番基本的な3つの構成音で成り立つコードを「トライアド(三和音)」といいます。

トライアドに7th、6thを加える。

4つの構成音を持つコードを「4和音」といいます。
4和音はトライアドに6度又は7度の音を加えます。

コードトーンの変化

トライアドのコードトーンはroot、3rd、5thですが、3rd、5thを変化させることもあります。

テンションコード

テンションコードとは、3和音、4和音に複音程(テンション・ノート)を加えたものです。

ダイアトニックとスリーコード

メロディーに対してどのようなコードが使えるかを考える場合、基本になるのがダイアトニック・コードです。
いわゆるスリーコードも実はダイアトニック・コードの一部なのです。

マイナーのスケールコード

マイナースケール上にコードを積んだ場合、少し注意しなければいけないことがあります。

ケーデンス

コード進行の最小単位をケーデンス(終止形)と言います。すべての楽曲はケーデンスの組み合わせで成り立っています。

代理コード

実際の楽曲はスリーコードだけで構成されるということはあまりありません。
では「楽曲はケーデンスの組合せで成り立つ」というのは間違いなのか? そうでは無いのです。

セカンダリー・ドミナント・コード

ダイアトニック・コードをスムースに引き出すために、そのコードの前に対応(完全5度上/完全4度下)するドミナントコードを置くことがあります。

良く使うコード進行

コード進行のパターンは無数にありますが、中でも頻繁に登場する定番の進行があり、これらを覚えておくと耳コピや作曲の役に立ちます。

音楽理論参考書

音楽理論や作曲を勉強する上で参考になる書籍のレビュー

参考になるサイト

ギターコード スコアメーカー

ギターコードパレットから練習したい曲のコードを順番に選択しプリントアウトすれば、オリジナルTAB譜のできあがり。簡単にコード譜の作れる便利なスコア・メーカーです。by 初心者込む

ギターの打ち込み

MIDI制作の中でも格段に難しいギターの打ち込み専門に詳細な解説をしています。 サイトオーナーはMIDI検定3級保持者です。
by わかりやすいDTM講座

サイト内の関連ページ

a-ki's factory mobile

300以上のギターコード、ギタースケールを一発検索できるモバイル・ギターツール!