ブルーススケールとポジション(2)

さあ、その1で覚えた6弦トニックのポジションをグーンと広げてみましょう。普通は汎用性の高いキーAで説明するんですが、あえてフィンガーピッキングで弾き易いキーEを使って説明します。

スポンサーリンク

良く使うポジション

図2-1を見て下さい。
a〜eの5つのポジションが有りますが、この中でも特に重要なのが6弦にトニック(1の音)が有るaと5弦にトニックがあるdです。他のポジションはaとdを拡張していると言っても過言ではないと思います。
しかし、丸印が多すぎてとても覚えられないなあ、という感じですね。
ブルーススケールでは♭5まで含めるとオクターブ12音中10音が使えるわけですから無理も有りません。(経過音を含めると12音すべて使います。)

ペンタトニックスケール

そこで、登場するのがロックギターではお馴染みのマイナーペンタトニックスケール(図2-2)。

ペンタとはギリシャ語で5を指します。(ペンタクルスとか、ペンタゴンとか)つまり5音階のことです。
民族音楽では5音階が良く使われます。日本音階もそうですし、沖縄音階もそうですね。

ペンタトニックスケールでは重要な音だけ抜き出してありますので「適当に押さえてもなんとかなる」という便利なスケールです。
ただし、省略している音が多い分、チョーキングを使わないとブルース的には味のないフレーズしか出来ません。

マイナーペンタトニックをしっかり覚えてから徐々にブルーススケールに広げていくのがアドリブへの早道のように思います。

マイナーペンタ+メイジャーペンタ=ブルーズスケール

補足になりますが。

勘のいい方ならお気づきかもしれませんが、「なぜメイジャーキーなのに”マイナーペンタ”なのか?」

ブルーズスケールに含まれる音は「マイナーペンタ+メイジャーペンタ」に分解することができます。

重要なブルーノート(♭3と♭7)はどちらもマイナーペンタに含まれるので簡易的にマイナーペンタを採用しているだけです。

もちろん、メイジャーペンタのポジションで弾いても良いわけですが、メイジャーペンタにはブルーノートは含まれませんので注意が必要です。

逆にマイナーペンタに含まれない「2度(9度)」「長3度」「6度」もブルーズを弾く上で無視できない音であることを忘れないでください。

練習曲

ハイポジションまでしっかり使った、フィンガーピッキングの練習です。どのポジションを使っているのか、意識しながら弾いてみよう!

音を聞いてみる

TAB譜を拡大

参考:

もっと色々なスケール知りたい方は
ギタースケール辞典へ。

by amazon.co.jp

スポンサーリンク

ブルーススケール編