Sonny Boy Williamson II

サニーボーイ・ウィリアムソンII

同名のサニーボーイ・ウィリアムソン I とは特に血縁関係が有るわけではなく、区別するために録音の早い順にI世、II世と呼ばれたそうだ。(どちらがI世を名乗るかで結構もめたらしい^^)ラジオ番組「キング・ビスケット・タイム」の出演を機に人気が爆発し数々の名曲を残した大ハーピスト。ハーモニカを丸ごと口に入れタング・ブロックだけで演奏したという逸話も有る(ホンマかいな)

ギターコード占い