バンプでブガジャガ

バンプって知ってますか?
リズムにのって複音をすったり吹いたり繰り返す単純な奏法です
単純だけれど奥が深い。リズム伴奏に、アドリブソロにバンプは大活躍します。

スポンサーリンク

バンプ

2つ(あるいは3つ)の穴を吸ったり吹いたりしてリズムを刻むことを「バンプ」といいます。
主にバッキングに使われるのですが、ソロでフレーズに困ったときも切り札になります。

映画「クロス・ロード」の中で汽車の走る音をまねするシーンがありますが、あれなんかも典型的なバンプの応用です。

ハープ呼吸法をマスターしていないと、あんなかっこいいバンプは吹けませんけどね。

呼吸法

腹式呼吸が基本です。といっても難しく考えることはありません。
要は「息を吸ったときに胸が開かないように」意識すればいいのです。

それよりも大事なことはハープ内の空気の流れを意識することです。

図の様にハープと口の中を空気が八の字を描いているイメージで吹きましょう

下図はごく基本的なバンプのパターンです。
(応用パターンは星の数ほどあります)

おすすめの練習法として、
半分のテンポで空気の流れを確認しながら吹いてみて、イメージが出来てから元のテンポに戻すと効果抜群です。

音を聞いてみる

前半は半分のテンポで、後半はノーマルのテンポで吹いています。