ルートを追っかけろ!?

ココからはブルーズ演奏実践編です!
アドリブでチョコチョコッと吹ける様になる為のヒント集です!

スポンサーリンク

ブルースハープは適当に吹いても音の外れにくい便利な楽器ですが、それらしく聞こえるようになるにはある程度基礎が必要です。

ルートのポジションを覚える

ハープはその音自体がかなりブルーズですので(?)
コードのルート音を追いかけるだけでもそれらしく聞こえます。
↑は吹音、↓は吸音です。
カラオケに合わせて吹いてみましょう。

カラオケ(3コーラス)

曲のキーはAです。ハープはDを使ってください。

演奏例

ブルーズを演奏するときは基本的にセカンドポジション(その3参照)を使います。

今回はキーがAですからハープはDを使います。

いちいち番号を目で確かめないように!
何度も練習すれば口当たりと耳で判断出来るようになります。
1番と4番、2番↓3番↑と6番↑はオクターブ違いの同音です。どちらを使ってもかまいません。

吸音が多いので息継ぎを忘れないように(笑)

フェイクを入れてみる

ルートの場所を覚えたら、その近辺の音を適当に絡ませてみましょう。
ベンドなんか入れてみるとぐっとかっこ良くなります。

ハーモニカという楽器は隣の穴の音が鳴っても不協和音になりません。 あまり神経質にならずにリラックスして練習しましょう!

妹尾隆一郎
これはあくまでフレーズ集。教則的な期待をするとがっかりします。 とはいえ、稀代のブルースハープ・プレイヤー妹尾隆一郎の様々な演奏パターンが凝縮されているので、手持ちのフレーズを増やすにはうって付け! ブルース・セッションでアドリブのバリエーションに頭を悩ませて入る方にオススメです。
by amazon.co.jp