代理コード

実際の楽曲はスリーコードだけで構成されるということはあまりありません。
では「楽曲はケーデンスの組合せで成り立つ」というのは間違いなのか? そうでは無いのです。

スポンサーリンク

代理コード

「I、IV、V (スリーコード)」以外のコードも、構成音、またはその特長が同じなどの理由から、それぞれ「T、D、SD」の「機能」を持つことがあります。これらを「代理コード」といいます。

ダイアトニック内の代理コード

ダイアトニックスケールコードは、全て代理コードとして使えます。

例えば、Cのダイアトニックスケールコードを例にとると、
Am7は、トニックコードであるC6と同じ構成音を持っているのでトニックの機能を持ちます。
Dm7も同じようにF6の構成音と同じなのでサブドミナントです。
Em7はC9のRootをomitした構成と同じでトニック。
Bm7-5はG7と同じトライトーンを持つのでドミナントとなります。(図10-1)

表にまとめてみましたので、ディグリーネームでしっかり覚えましょう。

機能 スリーコード 代理コード
トニック(T)IIIIm7
VIm7
ドミナント(D)VVIIm7-5
サブドミナント(SD)IVIIm7

ノンダイアトニックの代理コード

ダイアトニック以外のも構成音の似たコードで代理コードになるものがあります。

代表的なものをまとめてみました。

機能 スリーコード 代理コード キーCの場合
トニック(T)I#IVm7-5F#m7-5
サブドミナント(SD)IVIV7
VII7
#IVm7-5
♭VIIM7
F7
B7
F#m7-5
B♭M7
ドミナント(D)V7♭II7D♭7

サブドミナントマイナー

キーCメイジャーの中でFm(サブドミナントマイナー)のコードを使うことがよくあります。
サブドミナントマイナーの代理コードは、マイナー、メイジャー共通の代理コードとして覚えておいても良いでしょう。

ディグリーネーム キーCの場合(Fmの代理)
♭VII7 B♭7
IIm7-5 Dm7-5
♭VI7 A♭7
♭VIM7 A♭M7
♭IIm7 D♭M7

ツー・ファイブ

代理コードを使ったコード進行で最も重要なものにIIm7-V7のコード進行があります。

この進行は「ツー・ファイブ」と呼ばれ、頻繁に登場します。
(例えばDm7-G7)

これはIV-V7のIVの代理でIIm7を使っているのですが、ルートの動きII-Vが「強進行」になるためIV-Vの場合より進行がスムースになります。またV7を分割して退屈さをカバーするという考え方もあります。

まとめ