コードトーンの変化

トライアドのコードトーンはroot、3rd、5thですが、3rd、5thを変化させることもあります。

スポンサーリンク

rootは変化しない

当たり前ですがrootを変化させることはできません。

いずれも不安定な響きになるため落ち着く音へ帰ろうとする働きがあります。
コードのつなぎとして使う場合が多いですね。

3度、4度の変化

sus4(サスフォー)

3thの音を完全4度に置き換えます。「7sus4」の形の方が馴染み深いかも知れませんね。

augまたは+(オーグメント)

5thを半音高くします。ロッカバラードのブレイクで良く聞く音です。

♭5または-5(フラットファイブ)

5thを半音低くします。
図はメイジャーコードですが、aug、♭5ともにマイナーコード(3thが半音下がる)の場合、さらに7th(長短の7度)を加える場合もあります。
m7-5は比較的良く使いますよね。

音を聞いてみる

dim(ディミニッシュ)

m7-5の7thをさらに半音下げる(減7度)とdim(ディミニッシュ)になります。

dimは長調、短調どちらにも属しません。
dimは各音程がすべて1.5音間隔になりコードトーンのどれもがルートになりうる特殊なコードです。(転回しても音程が変わりません。)

音を聞いてみる

一つのコードで4つのルートがとれるわけですから、結果的に3つのフォームしかないということです。(便利なような、かえってややこしいような…。)

表にまとめましたので参考にして下さい。あまり頻繁には使いませんので、サラッといきましょう(笑)。

構成音 コードネーム
C、E♭、G♭、A Cdim、E♭(D#)dim、G♭(F#)dim、Adim
D、F、A♭、B Ddim、Fdim、A♭(G#)dim、Bdim
E、G、B♭、D♭ Edim、Gdim、B♭(A#)dim、D♭(C#)dim

まとめ

話がややこしくなってきました(笑)。 必要になったら読み返しましょう。