ダイアトニックとスリーコード

メロディーに対してどのようなコードが使えるかを考える場合、基本になるのがダイアトニック・コードです。
いわゆるスリーコードも実はダイアトニック・コードの一部なのです。

スポンサーリンク

ダイアトニック・スケール

メイジャー・スケールと同じ間隔で並んだスケールのことを「ダイアトニック・スケール」といいます。

回りくどい言い方になりましたが、要するに「ダイアトニック・スケール=メイジャー・スケール」と考えて差し支えありません。

ダイアトニック・スケール上にある音を「ダイアトニック・ノート」スケール上にない音(例えばキーCの場合B♭など)を「ノンダイアトニック・ノート」といいます。(図7-1)

黒音符はダイアトニック・ノート、赤音符はノンダイアトニック・ノート

重要な音

スケール内において特に重要な音は以下の通りです。

ダイアトニック・スケールコード

ダイアトニック・スケール上に出来る3声または4声のコードをダイアトニック・スケールコードといいます。または単にダイアトニック・コードとも言います。(図7-2)

「あれっ?」と思われた方もいるかと思います。そうです、メイジャー・スケール上だからといって全てメイジャー・コードになるわけではないのです!!

納得のいかない方は各コードの構成音の音程を調べてみて下さい。
キーがなんであれ、メイジャー・スケール上にできるダイアトニック・スケールコードのコードタイプ(ディグリーネーム)は全てこのようになります。
超重要ですので丸暗記しましょう!!

※ディグリーネーム

図7-2のようにディグリー(ローマ数字)を使ってコードを示すのはキーにとらわれず、コードの機能を表すためです。
例えばキーCのV7はG7、キーEのV7はB7という風に思い浮かぶようになると移調も楽にできるようになります。最初は1つのキーに絞ってディグリーと音の関係を覚えてしまいましょう。

コードの機能

コードの機能には「トニック(T)」「サブドミナント(SD)」「ドミナント(D)」の3つがあります。
それぞれ、I(トニック・ノート)、IV(サブドミナント・ノート)、V(ドミナント・ノート)、をRootにもつダイアトニック・スケールコードのことで、この3つのコードを主要3和音(スリーコード)といいます。

*以後、T、SD、Dの略号を使います。

Key inCの場合はT=C、SD=F、D=Gとなります。

一般的なギターの教則本ではC、F、G7と書いている場合が多いですね。

基本的に3声でも4声でもコードの機能は変わりませんがV7(ドミナント・セブンス)の7度はドミナントであることを判断する重要な音なので、I-IV-V7と覚える方が一般的です。

ちなみにTとSDにはシックス・コードを使うこともできるので、T=C6(I6)、SD=F6(IV6)となる場合もあります。この場合もコードの機能は変わりません。

まとめ