a-ki's factory レビューブログ

デュガンピック

見ての通りピックである。
しかし普通のピックではない。

フランスの製作者「ジャン・シャルルデュガン」の手作りで製作数量が少なく「幻のピック」と呼ばれているらしい(初耳だ)

自然の素材を使っていて素材違いで5~6種類ある。
全部買おうと思ったが、値段を見てあきらめた。
1枚1,200円もするのだ!一番高いものは2,000円もする(驚)

写真上はOX BONE(牛骨)
下はBOXTREE(たぶん「つげ」)

どちらも指に沿って溝が切ってあり、フィット感抜群でたしかに弾きやすい。
OX BONEの方が音が硬めで好みかなあ。しかし1000円超えたらいかんよなあ。。。

もっとすごいピックもあります。

Wegenpick(ヴェーゲン・ピック)

一度使い出すと他のものは使えなくなるらしい。
基本的にはジプシージャズ向きのようだが、ピックで悩んでる方は一度試してみる価値あるかもよ。(値段も高くてびっくりだが。。)

  • 最終更新日: 2020/07/31
  • 公開日: 2000/07/30
a-kiのアイコン

この記事を書いた人

12才よりギターを始めキャリアは30年以上。
20代半ばでブルースに目覚め100枚以上のCDを集めまくった。

ギターコード占い