パワーコードでバッキングリフ

ロックの基本「パワーコード」を使ってブルースを体感しよう。

スポンサーリンク

おまたせしました!
早速、ギターをひざにのせて、ブルースを弾いてみよう!
おっと、その前にチューニングはしっかり合わせといてね。

チューニングを確かめる。

ブルースのバッキングリフ

ブルースの楽譜では通常八分音符を3連シャッフル(はねた感じ)で弾きます。 今回はroot+5thのコード・フォームを使います。

このフォームは別名「パワーコード」といってロックのリフでもよく使います。
通常、人さし指と薬指(もしくは小指)で押さえますが、後でやりやすいように
ここでは人さし指と中指で押さえて下さい。

図2-2を見て下さい。
どのコードも押さえる形は同じ!ポジションが少し変わるだけ。簡単でしょ!
右手は親指一本でも、ピックを使ってもOK!ピックを使う時はすべてダウンストロークで弾きましょう。
弾く弦は押さえている2本だけ、他の弦はミュートすると良いです。 キーはAです。さあ弾いてみよう!

音を聞いてみる

うまくできましたか? ポシションさえ覚えれば、そう難しくないはずです。
ブルースな感じがするでしょ!
物足りないですか?



スポンサーリンク