イントロ、オブリガード、エンディング

簡単なメロディーを加えてブルース・バッキングの完成!

スポンサーリンク

いよいよまとめです。
簡単なイントロ、エンディングをつけました。
これであなたも「スイート・ホーム・シカゴ」のセッションに参加できます(笑)

まずは聞いてみましょう

イントロ

コード進行は、最後の4小節を使います。(E7-D7-A-E7)
1、2小節目はコードを押さえたまま5弦、4弦、3弦と順にバラして弾きます。
3、4小節目は前回練習したターンアラウンドと同じです。
コードフォームを覚えてサンプル音源でリズムを確認して下さい。

オブリガード

簡単なベースランニングを使ってみました。
左手の指使いはあまりこだわらなくて良いと思います。
弾きやすいように工夫して下さい。

唄に対して、ギターがオブリで答える。
これをコール&レスポンス(呼掛けと応答)と言います。
ブルースを形作る大切な要素ですので、指が動くようになったら是非歌いながら弾いて
タイミングと言うか、雰囲気を覚えて下さい。

エンディング

もう一つ、エンディング用のフレーズを覚えましょう。
これも良く使われます。
最後のコードがE7からトニックコードのAに変わります。
これもターンアラウンドの時の要領で半音下がるパターンです。

まとめ

サンプル音源は、2コーラス分弾いています。

なお、2小節目(D7)のパターンで弾いていますが、これも良く使われるコード進行ですので あわせて練習して下さい。

音を聞く

TAB譜を拡大


スポンサーリンク