ウォーキングベース&ターンアラウンド

小指をプラスでもっとブルースらしく!

スポンサーリンク

その2はうまくできましたか?
それでは、ちょっと物足りないなあという方にBluesの定番奏法を紹介します。
これであなたもロバートジョンソン!(ほんまかいな)

ウォーキング・ベース

楽譜は前回と同じです。ここをクリックすると別ウインドウに開きます。

音を聞いてみる

基本的には前回とあまり変わりません。図3-1のように小指をのばして音に変化をつけるだけです。
パワーコードに中指を使ったのはこのためです。

図3-1ではAのパワーコードを例にしていますが、D、Eも同じフォームでポジションが変わるだけです。

小指が届かない人はたぶんギターの持ち方のせいだろうと思います。
ヘッドを少し上げて、左手の親指はネックの真ん中辺りに持っていきましょう。
手の甲を前に出す感じで握ればうまくいくと思います。

ターンアラウンド

これだけではつまらないので、もう少し変化をつけましょう。

11小節目は定番のベースランニングです。
4フレ-人さし指、5フレ-中指、6フレ-薬指、7フレ-小指
というポジションで、矢印のように押さえていきます。(下図参照)

12小節目(一番最後の部分)をハイコードを使った半音進行にします。
図のように同じフォームでリズムに会わせて1フレットずらします。

ブルースでは、11〜12小節目をターンアラウンドと言って非常に重要視します。 ギターの見せ場でもあるわけで、この部分のパターンだけで一冊本が書けちゃいます。

音をよく聞いて、ゆっくりでいいですからしっかり練習しましょう。

スポンサーリンク

ウォーキングベース編