タカダワタル的(映画)

国が認めない人間国宝

晩年の酔っ払いのじいさん高田渡に150日間密着したドキュメンタリー映画。

正直言って高田渡に関する予備知識はほとんどなく見ました。もちろん「自衛隊へ入ろう」などのフォーク全盛のころの曲は聞いたことがあって皮肉屋のシンガーというイメージだったのですが。。。

この映画が公開されたのは2004年ですが、2005年4月3日に彼は亡くなっています。
原因は「お酒」。画面に映る彼も始終ろれつが回らなく実際の年齢よりずっと老けていて典型的なアル中といった感じです。語りネタの15Aの電気しか通っていない木造アパート暮らしもお金がお酒に変わっちゃった結果なんでしょう。
でもなんとも憎めないんですよね。

「飄々と」という表現は当てはまらないかもしれませんが、日本語の詩を愛し朴訥とした味わい深い歌と、まるで別の生き物のように動く右手から奏でられるフィンガーピッキング。年をとったらあんなふうに肩の力を抜いてギターを弾きたいと思うのです。

仕事がなければ昼間から酒を飲み(いや、ステージでも飲んでいるが。。)千鳥足で街をふらつくオッサンを決して褒めることはできませんが、中津川フォークジャンボリーで「ごあいさつ」を歌う映像と比べて晩年の彼の歌はなんと深みがあるのだろう。不覚にも「ブラザー軒」ではこみ上げてくるものを抑えきれなくなり
ました。

「あんなふうになりたい」「あんなふうになってはいけない」そんなジレンマを感じさせる不思議な映画です。できればもうちょっと自制して長生きしてほしかったなあ。一度くらいはライブを見ておくべきだった。

奇しくも柄本明が最後の場面で言っています。
「高田渡のようになりたいと思った時点でなれないんだよね。」

下北沢スズナリや京都「拾得」でのライブ映像、彼の息子でマルチ弦楽器奏者の高田漣や中川イサト、シバとの競演など音楽的な見所も満載です。

  • 最終更新日: 2017/01/14
  • 公開日: 2006/04/05