基本の基本

アコギ派ギタリストなら一度は挑戦したいカントリーブルース。比較的弾き易い、キーEのコンスタントベーススタイルを中心にブルースソロをマスターしよう!

スポンサーリンク

フィンガーピッキングのスタイル

主に、ツーフィンガー(親指と人指し指)を使う方法と、スリーフィンガー(親指、中指、人指し指)を使う方法があります。古き偉大なブルースマンには、ツーフィンガースタイルの人も多いのですが、ここでは、スリーフィンガースタイルを中心に話を進めます。
ツーフィンガーは、スリーフィンガーをマスターしてからでも十分覚えられます。
ちなみに僕は、ツーフィンガーとスリーフィンガーが混在して、フレーズによって使い分けます。

スリーフィンガースタイルでは親指は、4~6弦、人指し指は2弦(3弦)、中指は1弦(2弦)を担当します。ギターを構えた時、人指し指、中指がそれぞれの弦を触っているように構える癖をつけましょう。

フィンガーピッキングのポイントは一にも二にも右手のフォームにかかっていると思います。
少しデフォルメしていますが、図1-1をよく見て正しいフォームを覚えて下さい。フィンガーピッキングの苦手な人は、総じて写真右(図1-1)のようなフォームになっている場合が多い様です。

ポイントは、

  1. 親指をしっかり伸ばすこと。人指し指、中指は少し丸めた感じ。
  2. 手首をこころもち外側に曲げること。
  3. 手の甲がぶれないように、小指をボデイに置いて固定させるのも良い方法。
  4. 弦を弾く時は、親指と人指し指(中指)でつまむようなイメージで弾きます。
  5. 手首の力を抜くこと。

練習曲

キーはEです。人指し指、中指はメロディーを、親指はベースとリズムを担当します。
親指の動きは今後もほぼ共通ですので、しっかり練習しましょう。
左手の指使いはあまりこだわらなくて良いですが、1フレ-人指し指、2フレ-中指、3フレ-薬指を使って下さい。

音を聞いてみる

TAB譜を拡大



スポンサーリンク