ミニギターの選び方

ミニギターの種類と特長。

スポンサーリンク

ミニギターの魅力

僕は小さいギターが大好きで、現在ミニギターはギグパッカーノクターンの2台を所有しています。

弾こうが弾くまいがギターを抱いていないと落ち着かないというジャンキーなギタリストには、気楽に手に取れるという点がやはり最高の魅力ですね。

ボディーが小さいと部屋に置いても邪魔にならない、というのはもちろんですが、

なんてメリットもミニギターならではです。

小ささをとるか、音をとるか

小さければ何でもいいかというと難しいところで、当たり前の話ですがボディーが小さくなればなるほど音が小さく低音が弱くなります。

一口にミニギターといっても、サイズ(弦長)の主流は580mm540mmの2つがあります。
ちなみにフルサイズのギターの弦長は650㎜前後です。

弦長580mm前後のものは、フルサイズのギターと同じチューニングで持ったときの安定感もありますが持ち運びに便利とまでは言えません。
ボディーサイズがしっかりしている分音も大きく、ピックアップつきならエレアコとして十分実用に耐えます。

弦長540mm前後のものはミニギターらしいミニギターでウクレレを2回り大きくしたくらいのボディーサイズ。

弦にもよりますが、チューニングを4度高め(もしくは長3度)にするのが一般的です。
(4度上の場合:6弦からADGCEA、5フレットにカポをしたのと同じ音)ボディーが小さい分少しポコポコした感じの音になります。

「ポコポコした音」といっても決して悪いわけではありません。押尾コータローさんは「カノン(2ndアルバム:Dramatic)」という曲の中で、TACOMAのP1(パプース)というミニギターを使ってられます。ミニギターの音の特長を上手く使った好例ですね。

パーラー・ギターについて

パーラー・ギターとは「数人を相手に弾くくらいの小さめのギター」を言います。
パーラーの本来の意味は「小規模な人の集まり」のようです。
特に大きさの規定もないようですが、あまり小さ過ぎるものは「パーラー・ギター」とは呼ばないみたいですね。

現行品で「使えるミニ・ギター」を選んでみました。

ミニギターカタログを作りました。
ミニギターは生産量が少なく、店頭にも並びにくいため通販で探すのも一つの手です。
あまり安いものはいいかげんなものが多いので、手ごろで安心なものだけチョイスしました。
(3万~5万円クラスならギターとしての実力も十分です。)
面白いものが出れば順次追加していきますのでご参考までに。

ミニギターカタログ

初めて買うギターにミニギターは決しておすすめしませんが、いつでも気軽に弾けるギターがそばにあるというのはいいものですよ!

売れてるミニギター

S.Yairi YM-02

弦長580mmの小さすぎない絶妙なサイズのミニギター。ラウンドバック構造で小さなボディでもそれなりにダイナミックな音が出る工夫がしてあります。

失敗しないアコギ購入講座