あなたは弦を緩めますか?

ギターを弾き終わったあとあなたは弦を緩めていますか?
「弦を緩める」べきか、「緩めない」べきかということには実は賛否両論があるのです。

スポンサーリンク

賛否両論

緩める派

ギターの弦の張力は約70kg。これだけの力が掛かっているのだからネックが反らないわけが無い。
冬でも約1音程度、夏ならベロベロになるくらい緩めるのがギターのためです。

緩めない派

ギターのネックはそもそも一般的な弦を張った状態でバランスが取れるように設計してあります。
弦を張らない状態で放置すると逆ぞりの危険があります。
バランスよく緩めないとネックのねじれが生じる恐れもあります。
また、何度もチューニングをし直すため弦の劣化が早くなり極端に切れやすくなります。

あなたはどちら派ですか?

どちらの意見も楽器屋さんで聞いたものです。
どちらかというと「緩める派」が多いのですが、僕は「緩めない派」です。
緩めるメリットより、デメリットの方が多いように思います。
第一面倒くさいし(笑)
ネックへの負担は確かに心配ですが、今までにネックのトラブルはありません。

緩める派の人への提案

「それでも心配だ。バランスよく弦を緩め、しかも弦の切れにくい方法は無いか?」
という人たちに、画期的な方法を伝授します。ギタリスト田中一郎氏(元A.R.B)のアイデアです。
それは。。。

1,2,5,6弦だけきちんと1音緩めるのです。

これなら切れやすい3,4弦は保護できてバランスよくネックへの負担も軽減できます。
でも「きちんと1音緩める」というのは面倒くさいですね。
具体的には以下の手順で緩めてください。

  1. まず、1,6弦を4弦Dに合わせる。(もちろんオクターブ違いです)
  2. 次に2弦を5弦Aに合わせる。
  3. 最後に5弦を3弦Gに合わせる。

これでチューニングメーターを使わなくても正確に1音下げられます。

ネックを大事にしたいなら

緩めるにしても緩めないにしても、共通して言えることですが、
ハードケースやスタンドに立てて保管するのは良くありません。
麻縄でわっかを作り、ヘッドに引っ掛けて壁や天井から吊るしておくのが一番いいそうです。
少しの反りやねじれはこの方法で直るとも言われています。

【AD】
指一本から始められてまったくの初心者がたったの30日でかっこよく弾ける、ギター上達法のひみつとは?
本屋では買えません!インターネット限定販売のギター教材です。