Gコードの押さえ方(指使い)

コードの押さえ方で意外と悩んでしまうのが「どの指で押さえるか?」これって実は決まりがないのです。

スポンサーリンク

Gの押さえ方は2通り

ローコードの「G」は簡単なコードとして早い段階で覚えるのですが、人によって、あるいは教則本によって指の使い方がまちまちです。

(1)1弦を薬指で押さえるパターン。

小指の力が付いていないうちは(1)のパターンで押さえる方が簡単に思います。僕もギターを始めた頃はこの押さえ方でした。

(2)1弦を小指で押さえるパターン。

(2)のパターンの方は、コードチェンジのとき指の動きが最小限で済みます。

特にG→EmやG→CなどキーGの曲では顕著です。

どちらが正しいというわけではないのですが・・・

僕は現在(2)のパターンで押さえることがほとんどです。人に教えるときもこちらをすすめています。

コードの押さえ方というのは、そのコードだけではなく前後のコードによっても変わってきます。 できるだけ、動きが小さくなるように工夫することが大切です。

【AD】
指一本から始められてまったくの初心者がたったの30日でかっこよく弾ける、ギター上達法のひみつとは?
本屋では買えません!インターネット限定販売のギター教材です。