アルペジオ初心者にサムピックをオススメする本当の理由

音をクリアにするだけじゃない、サムピックの大事な効用。サムピックの選び方、使い方、おすすめのサムピックなど。

サムピックとは文字通り「親指に装着するピック」のことで、主にアルペジオ奏法に使います。

初心者の方には弾きにくくて苦手という人も多いのですが、実は初心者にこそおすすめするメリットが有るのです。

サムピックを使うと正しいフォームがマスターできる

僕はアルペジオ(分散和音)奏法を練習するときは必ずサムピックを使うようにすすめています。

サムピックを使うと、こもりやすいベースの音がクリアに聞こえるという他に大きなメリットが有ります。それは正しい右手のフォームをマスターできること。

アルペジオは右手のフォームがとても大事な奏法です。特に親指をピンと伸ばすのが大きなポイントです。「アルペジオ苦手」って人の右手を見ると親指が丸まっちゃってることが多いんですよね。

参考:アルペジオの練習 | 超初心者のためのギター入門講座

サムピックを使うと必然的に親指を伸ばさないと弾けないので正しい右手のフォームをマスターしやすいのです。

間違ったフォームではサムピックが余計に使いにくく感じます。サムピックを使った方が弾きやすいと感じるようになれば正しいフォームが身についた証拠でもあります。

サムピックの選び方

一口にサムピックと言っても、材質や爪の部分の大きさ形などが様々です。

特にギター初心者が選ぶポイントとしては

を選ぶと良いです。

サムピックを買うときは、試着してみて装着感を確かめましょう。使っているうちに緩んできますので、最初は若干きついなと感じるくらいがちょうどいいです。

材質は一般的なプラスティック製で十分。金属製のものもありますが、力強い音が出る反面しなりが無く初心者には使いにくく感じると思います。

また爪の部分がフラットピックのような形状のものもありますが、実際にストロークで使えるようなものはまずありません。慣れないと弾きにくいだけです。

使いやすいように調整してみよう

比較的大きな楽器店でも、フラットピックに比べてサムピックの品揃えが薄い店が多いです。

いまいち気に入ったものが見つからなければ自分で使いやすいように調節することもあります。

親指が締め付けられすぎると感じるときはお湯などで温めて経を広げます。

また爪の部分が大きすぎるときは紙ヤスリなどで削って調節します。

この時、下の部分から削って上部はなるべく残すようにすると良いです。

また厚すぎる時は表面(弦に当たらない面)を削ります。弦の当たる面は削らないように気をつけましょう。

オススメのサムピック

僕のお気に入りのサムピックはFred Kelly スピード ピック

写真のように爪の部分がとても小さいため余計な引っ掛かりがなく、また裏面の切り込みによって適度なしなりがあるので、高速なスリーフィンガー奏法でも全く違和感を感じません。

アタック感の必要な力強い演奏には向きませんが、アルペジオ初心者にも最適ではないかと思います。

硬さには「ライト、ミディアム、ヘビー」の3種類があります。僕はヘビーを愛用しています。

【AD】
指一本から始められてまったくの初心者がたったの30日でかっこよく弾ける、ギター上達法のひみつとは?
本屋では買えません!インターネット限定販売のギター教材です。

参考書


by amazon.co.jp