三井徹のブルース本

黒人ブルースの現代 (1977年)

三井 徹

ブルースを語りたい貴方に・・

現在は金沢大学の教授をされている三井徹氏の著書。

カントリーブルースからソウル、R&Bに至るまでの歴史的流れや地域性の分析を主軸に、文学教授らしく歌詞についての考察を通しての黒人社会の心理分析を試みている。

ブルースはもっとも単純でもっとも特殊な音楽である。
歴史や心理分析なくして、西洋の和声学だけでは到底語り尽くせない。
ブルーノートがどうのとか、スケールがどうのとかそんな質問をする前に、この本を読んで欲しい。

喜ぶべきはずの奴隷解放が新しい苦悩を生み、そしてブルースは始まった。
希望と絶望を繰り返し、ブルースは歌い継がれる。

「あの国」はいつも自分たちの文化を押し付けようとする。
それは今も変わらず続いている。

ブルーズの世界―MUSIC COMPANION (Music companion)

小出斉(ローラー・コースターズ)との共著。

「黒人ブルースの現代」は若干堅苦しい文体なので入門者にはこちらのほうが読みやすいかもしれない。
小出氏は2000枚にものぼるブルースCDを紹介したブルースCDガイド・ブックという本も出版されている。

ロバート・ジョンスン―伝説

三井氏の翻訳。

クロスロード伝説も含めて、彼の生涯について興味がある方はどうぞ。

三井氏は他にも

など洋楽にまつわる本を、数多くの翻訳をされています。

  • 最終更新日: 2014/03/10
  • 公開日: 2004/05/27