押尾コータロー

初めて押尾コータローを聞いたのは下記のCDでした。
気楽に耳コピしてみようと思ったのですが、まったく予備知識が無かったので、どうやって弾いているのか理解できず、TAB譜を買いました。

「変則チューニング」を使っているのは分かったのですが、TABを目で追っても指の動きが想像できない。。
(レギュラーチューニングなら、大体想像できるのですが)
で。。。思い切ってDVDを買いました。

「腰が抜けました!!」

今は亡きマイケル・ヘッジスの再来です。しかも日本に現れました。
「一人メンバー紹介」や「TVヒーロー・メドレー」などライブならではの見所満載ですが、
特にアンコールの「戦場のメリークリスマス」が圧巻です。
多かれ少なかれギタリストはピアノに対して劣等感があると思うのですが(僕だけ?)
彼はピアノ曲であるこの曲をアコギ一本で凌駕してしまいました。

彼は僕と同じ年齢なのですよね。。。
「僕もまじめに練習していればこれくらいになれたかも」とちょっと後悔。。。(なれへん、なれへん)
言葉では、彼のすごさの何分の一も伝えられないのがもどかしいです。
とにかく見るべし!

2nd DVD買っちゃいました。^^。
個人的には星★★★★☆くらいかなあ。
ライブ映像のクオリティーはドラマティック・ライブのほうが格段上ですが『それ以外の部分』が本当に楽しめました^^
ファンはもちろん、フィンガーピッカーにとっては間違いなく「買い」でしょう。

今回のDVDはプログラムが

  • PV+インタビュー
  • 押尾本人によるギター・レクチャー
  • ライブ映像

の3パートに分かれています。

「PV+インタビュー 」では3rdアルバムBe HAPPY製作ドキュメントを通じてレコーディングや奏法に対する工夫や成長ぶりがひしひしと伝わってきます。
「ギター一本なのにバンド演奏のクオリティーが求められる」の言葉は印象的です。
他にも爪のケアを実演して見せてくれたのは押尾ファンには嬉しいですね。
あなたもやってみる?→スカルプチャー・キット

「押尾本人によるギター・レクチャー」は、今回の目玉!本人によるギター・レクチャーですが、TABなどの付録や表示は一切無いので、はっきり言っちゃうとスコアを持ってない人には何がなんだかわかりません!スコア買ってくれってことでしょう(笑)

本人のテクニック解説はかなり親切丁寧ですので、スコアを持っているが、いくら読んでもよくわからない人→(ーー;)には大変嬉しい企画でした。
特に右手の動きはかなり時間を割いて解説しています。細かいコツも満載です。
※HARD RAIN 風の詩 Merry Christmas Mr.Lawrenceの3曲が収録されています。
マルチアングルって便利ですね。右手、左手、全体と切り替えてじっくり研究します。

次回は是非本格教則DVDをお願いしたいです。5000~6000円くらいなら買いますよ!

「ライブ映像」はおまけですね。
アメイジング・グレイス以外はドラマティック・ライブに収録済みです。

初めて見る人にはドラマティック・ライブの方がオススメですが、CDもスコアも揃えているようなコアなファンにはたまらん作品だと思います。この一本をプラスすることで「隙間が埋まる」って感じがします。

Amazonで詳しく

So HAPPY
  • 最終更新日: 2017/01/15
  • 公開日: 2004/05/15