https://www.aki-f.com/manifest.json

トミー・エマニュエルのDVD

かなりキャリアが長いらしいが日本では知名度が低くYoutube動画で人気に火がついた超絶ギタリスト。

実は僕も名前さえ全然知らなくて、たまたまYoutubeでブルーグラスのギタリストの動画を探していて出会った。

とりあえずこれがその動画↓

Tommy Emmanuel(トミー・エマニュエル)は1955年生まれオーストラリアのギタリストで、もともとはカントリー系のスタジオミュージシャンだったらしい。
調べてみるとフィンガーピッキングの名人というような紹介のされ方をされているが、
僕はむしろブルーグラスでいうところのフラットピック奏法が得意なように見える。

演奏するのはもちろんカントリー系の曲ばかりではない。

ジャズ、ロックンロール、ブルース、ラグタイムと幅広い選曲でさらにインストロメンタルのみならず、自身でボーカルもこなす(なかなかいい声だ)。

彼のギターの特徴は、やはりそのルーツであるカントリーギターの奏法に見られると思う。演奏の要となるオルタネイトベースはラグタイムからの影響であることは一目瞭然だ。

そして超絶な速弾きは前述したブルーグラスのフラットピック奏法。

カントリーにおける速弾きはハードロック系のそれとはちょっと違う。
頭とお尻のつじつまを合わせて音を詰め込むのではなく、曲のテンポそのものが無茶なほど速い。
音数から想像するよりはるかに高い技術が要求される。

まあ、とにかく見てほしい。

マイケル・ヘッジスや押尾コータローとは一味も二味も違う。
まさに自由自在な両手の動きと歌心のあるメロディに心が奪われるに違いない。
世の中にはすごいギタリストがいるもんだ。

ちなみに
途中で登場する金髪のおねーちゃん、てっきり彼の娘かと思ってたら、どうやら婚約者らしい。

ちがった意味でもすげー(笑)

現在アマゾンで手に入るDVDはこれの他にLive at Sheldon Concert Hallがあるが、こちらは残念ながらリージョン1のため日本のDVDプレーヤーでは再生できる保証がない。
本当は上記のギター・ブギとか魅力的な曲はこっちに入ってるんだけど・・・。

  • 最終更新日: 2017/01/14
  • 公開日: 2008/08/30

TOP