とにかく弾いてみよう〜超省略コード法

これでダメならあきらめナ!
指1本で押さえる超省略コード法。
たったこれだけでもギターは弾けるのです。

スポンサーリンク

演奏の最大のコツは「リズム・キープ」

難しいコード(名前が難しい、押さえ方が難しい)を使った曲がかっこいいとは限りません。

簡単な曲でも「途切れずに弾く」ことと「表情付け」ができれば、十分カッコよく聞こえます。
まずは”超省略コード”でコードチェンジのタイミングを体感してみましょう。

超省略コードでは1、2、3弦だけを使います。4、5、6弦は弾かないように。(細い方から1弦~です。念のため)

指一本でコードを押さえる

まず「C(シー・メジャー)」と「G(ジー・メジャー)」の二つの超省略コードを覚えましょう。

使うのは指一本。
Cは2弦の1フレットを人差し指で、Gは1弦の3フレットを小指(薬指でもOK)で押さえます。

たったこれだけ!

さっそく弾いてみよう!

たった2つのコードでも弾ける曲があります。
右手はすべて親指一本!ジャラン、ジャランでOK!

♪練習曲「雪山讃歌」

Dは指三本

Dは指一本という訳にはいきません。しかも省略するところがありません(^^;
Dの場合4弦(開放)はもともと弾いて良い音です。

前の二つのコードと合わせて「G、C、D(D7)」をキーGのスリーコード(ト長調の主要三和音)と言います。

♪練習曲「ハッピーバースデー」

ビートルズの名曲を弾いてみる!!

上で覚えたスリーコードに、もう一つ「Em(イー・マイナー)」を加えて「Let it beのイントロ」を弾いてみよう。

「Em」は簡単です。何も押さえません(笑)。
「Let it be」はナント!この4つのコードだけで最後まで弾けます!!

♪練習曲「Let it be」

その他の超省略コード

ここまで来たらついでに後二つ覚えよう。

上のEmとAm(エー・マイナー)、B7(ビー・セブンス)の3つはキーEm(ホ短調)のスリーコードと言ってひとまとめに覚えます。

※超省略ギターコード一覧表はこちらからダウンロードできます。
超省略ギターコード一覧表 | 無料ダウンロード・印刷

まとめ

さて今回覚えたコードの復習。

G、C、D、Em、Am、B7の6つですね。
これだけ覚えれば100曲や200曲は弾けるはずです。(実は途中に転調が無ければ、ほとんどの曲がこの6つのコードで弾けるのです。)
歌本を開いて弾けそうな曲を探してみよう!(キーGの曲、#が一つ付いている楽譜)

【AD】
指一本から始められてまったくの初心者がたったの30日でかっこよく弾ける、ギター上達法のひみつとは?
本屋では買えません!インターネット限定販売のギター教材です。
スポンサーリンク
 

アコギ入門セット人気ナンバー1
HONEY BEE W-15/F-15 16点 初心者セット