ギターストロークの基本

フラットピックでジャンジャカジャン!
次は右手の練習です。
細かいことは気にせず思い切りかき鳴らそう!

スポンサーリンク

正しいピックの持ち方

ピックの持ち方は人それぞれです。下の図は一例ですので参考にして下さい。

1.指を軽く曲げる。

2.人指し指の上にピックを乗せる。
ピックを落っことさないポジションを探そう。

3.親指を乗せる。

ピックの種類にも色々ありますが、最初のうちは「おむすび型」の柔らか目(ミディアム~ソフト)の物を使いましょう。

手首はいつも柔らかく

手首はいつも柔らか

※左側の写真はGIFアニメです。
ちょっと大げさにしていますが、手首を柔らかく使っているのが伝わるでしょうか・・・

ひじを支点にして、手首はいつも柔らかく。
肩の力を抜くことが肝心です!

「手を洗って水を切る時のように振る」のが理想的な動きと言われています。

 

弦を撫でるような気持ちで弾いてみよう!

8ビートの基本

では実際に弾いてみましょう!
この講座の最初に、表情付けが大事だと書きましたが、ストロークではアクセントの置き方がすごく重要になります。

まずは8ビートの基本パターン。

(音も聞いてみて下さい。コードはG→Emです。)

音を聞いてみる

※↓はダウン、↑はアップストロークです。
図のグラフは音の強弱をイメージ化したものです。

2拍目と4拍目にアクセント(>)が来ますね。
強弱をオーバーにつけるだけで随分上手く聞こえるでしょ。
この「メリハリ」の付け方をしっかりマスターして下さい。

【AD】
指一本から始められてまったくの初心者がたったの30日でかっこよく弾ける、ギター上達法のひみつとは?
本屋では買えません!インターネット限定販売のギター教材です。
スポンサーリンク
 

おすすめ教則本


by amazon.co.jp

アコギ入門セット人気ナンバー1
HONEY BEE W-15/F-15 16点 初心者セット