ベースランを入れてみよう

これができれば一人前!
伴奏にベースの動きが入るとググッと上手く聞こえます。

スポンサーリンク

ベースラン

ギターのベースというのは基本的にコードのルートの音を使うといいましたが、前後のコードの関係やアレンジの手法で「動き」を入れると「ムムッ出来るな!」って感じになります。
このベースの動きをベースランと言います。(「ベースランニング」「ランニングベース」ともいう)

ベースランの例

この講座の最初(とにかく弾いてみよう)の中で紹介したビートルズのLET IT BEのイントロはベースランを効果的に使った好例です。(原曲ではピアノ演奏です)

音を聞いてみる

LET IT BEのイントロの例

赤文字の部分がベースランです。4弦開放の「レ」の音を加える事で、ベースが「ミ→レ→ド」と滑らかに変化します。たったこれだけでメロディアスでインパクトの有る伴奏になりますね。

練習曲

いくつかのパターンを組み合わせて練習曲にしてみました。

赤文字の部分がベースです。

音を聞いてみる

練習曲

最初はベースランを使わずに練習して、余裕ができてから出来るところだけ取り入れていくのが練習のコツです。

A Bの部分

ベースランの典型的な使い方です。裏の拍子で押さえ方を変えるのは慣れないと難しいかもしれません。

Cの部分

これもよく使うベースが下降していくパターンです。簡単でかっこいいので覚えておくと便利。

Dの部分

D7を強調するためベースを一旦下げて「シドレ」と上昇させるパターン。力強く盛り上げるのによく使います。

Eの部分

簡単そうで指使いに戸惑う部分だと思います。Gのローコードの押さえ方は2種類あります。この場合は下記「G(※)」のパターンを使って中指でベースを押さえるとよいでしょう。

参考:Gコードの押さえ方(指使い) | ギターのツボ

ギターコード表

超初心者のためのギター入門講座まとめ

どうです。難しかったですか?

出来る限り難しいコードは使わずに基本的なテクニックを説明したつもりです。

思ったように弾けるまでにはまだまだ練習が必要だと思いますが、 ギターは一生続けられるすばらしい楽器です。

慌てる必要は何もありません。
ゆっくり楽しみながら練習してください。

スポンサーリンク
 
【AD】
新しい年は心新たにギターに挑戦!
指一本から始められてまったくの初心者がたったの30日でかっこよく弾ける、ギター上達法のひみつとは?

NEW!ブログパーツできました!!

1000枚を超えるコードダイアグラムを表示できる
超シンプルなギターコードブック・ブログパーツです。→ギターコード・ブログパーツについて詳しく

アコギ入門セット人気ナンバー1
アコースティックギター 16点 初心者セット