超初心者のためのギター入門講座

ギターの練習に必要なもの

アコギの練習に必要なものはギターとピック。あと、チューニングのための音叉かチューナーは最低限用意しましょう。

何はなくともギターを用意しなければいけません。

一口にギターと言っても用途によっていろいろな種類があります。

ギターの種類

ギターの種類

(1) エレキギター

ボディの振動をピックアップで拾ってアンプを通して音をだすギターです。主にバンドでの演奏に使います。

アンプが無いと音が出ないので弾き語りなどには向きません。

エレキギターにも色々な種類がありますが、ここでは割愛。

(2) アコースティックギター

アンプなどで電気的な増幅をせず音をだすギターをアコースティックギター(略してアコギ)と言います。

アコギにはスティール弦を使うもの(いわゆるフォークギター)とナイロン弦を使うガットギター(クラシックギターなど)があります。

ガットギターは一般に指板が広く、伴奏とメロディーを弾くソロギターなどピックを使わず指で弾く奏法に向いています。

(3) エレアコギター

アコギにピックアップが付いたモデルをエレアコと言います。

エレキとアコギの中間ということではなく、バンドアンサンブルやライブステージなどでアコギを使いたいとき、あるいは直接レコーディング機器につなぐときに使うものです。

演奏方法はアコースティックギターと同じです。

どのギターでも基本は同じですが、当講座では簡単な弾き語りを目標にしていますので、一人で演奏するフォークギター(スティール弦のアコースティックギター)を使用することを想定しています。

これからギターを買う人は「失敗しないアコギ購入講座」もご参考に。

ピックの種類

ピックにも種類があります。すべて揃える必要はありませんが最低でもフラットピックは用意しておきましょう。

ピックの種類

(1) フラットピック

フラットピックの種類は大きくトライアングル型とティアドロップ型に別れます。

ティアドロップ型は主にリードギターの単音弾きに適しています。

一般的に弾き語りのストロークに使うのはトライアングル型です。

ピックにはいろいろな硬さがありますが、初心者のうちは柔らかいものを選んだほうが弾きやすいでしょう。

一般的なプラスチック製のピックは1枚100円くらいです。メーカーによってクセがあるので気に入ったものが見つかるまでどんどん買い替えましょう。

(2) サムピック

アルペジオ奏法のとき親指にはめて使います。

なくても問題ないですし好みもあるのですが、初心者のうちに慣れておいたほうがメリットが多いと思います。

参考 : アルペジオ初心者にサムピックをオススメする本当の理由

(3) フィンガーピック

人差し指、中指に装着して使います。一般的にはあまり必要ありません。

その他に用意するもの

チューナー、音叉とギタースタンド

(1) チューナーまたは音叉

ギターをチューニングするときに使います。

チューナーはヘッドに挟むクリップタイプが便利です。価格は1,000~2,000円が相場。ギターの練習程度なら安いものでも特に問題ありません。

音叉はチューニングの基準となる440Hzの音(5弦A音)を発振するツール。ギターのチューニング用のものは500円くらいです。 チューナーがあれば特に必要ありませんが耳の訓練のために音叉を使ったチューニングも覚えておきたいところです。

参考 : ハーモニクス・チューニングをマスターしよう

スマホのチューナーアプリもあるので色々試してみましょう。
ぼくのオススメはBOSS Tuner App(無料)です。

(2) カポタスト

ネックを挟むだけで曲が移調が出来るツールです。

一人で練習するだけなら無くても良いのですが、音源に合わせて練習するとき、弾き語りでキーが合わないときは必須。

価格はピンキリですが、耐久性を考えると2,000円程前後のものが妥当です。

(3) ギタースタンド

無ければギターが弾けないというものではないですがあると便利です。

特に初心者のうちはいちいちケースにしまわずスタンドに立てて、常に手に届くところにギターを置いた方が上達が早くなります。1,000円くらいが相場。

以上が最低限ギターの練習に必要な道具です。あとは必要になったら追々揃えていけば良いでしょう。

参考:Amazonでギターアクセサリを探す。



次のページ

TOP