初心者のためのブルースギター講座
ボトルネック奏法入門編 >

ボトルネック奏法の弾き語り

弾語りスタイルの場合ボトルネック奏法でもベース音を弾きながら演奏します。

ボトルネック奏法の弾語りスタイル

基本的には普通のフィンガーピッキングと何も変わらないのですが、ベース音のポジションが開放弦またはスライドバーと同フレット上という制約を受けます。
オープンGの場合、開放弦のG(5弦)D(6弦)は良いのですがC(5弦5フレ)のところでスライドバーの移動が出来なくなります。

コードトーンだけを使うフレーズの場合は問題ありませんが、スライドの移動を伴うフレーズ場合、

  1. いっそ弾かない。(メロディーだけ弾く)
  2. 5~6小節目はG、10小節目はD(またはG)の音を使う。

という方法が取られます。
2の方法は反則のような印象を受けますがカントリー・ブルースでは珍しいことではありません。

ウォーキングベース

ブルースといえばウォーキングベースが必須ですよね。 オープンチューニングではこれも簡単です。

青丸は1拍、3拍目。赤丸は2拍、4拍目の音です。

スライドバーをはめていない人指し指と中指(薬指)を使います。

練習曲

コンスタントベースとウォーキングベースを取り入れたブルースです。
歌のバッキングはウォーキングベースを、オブリガードではコンスタントベースを使います。

音を聞いてみる

TAB譜を拡大

ウォーキングベース編フィンガーピッキング基本編をクリアーしてる人なら楽勝ですね!



TOP