https://www.aki-f.com/manifest.json

マディー・ウォーターズ

世界中のブルーズに影響を受けたロック・ミュージシャンが、もれなく聞いたド定番&バイブル的アルバム。

ストーンズのバンド名は「ROLL’N STONE」の曲名から拝借したというのはあまりにも有名な話。

戦前、聖地シカゴのブルーズは「シティー・ブルーズ」と呼ばれ隆盛を極めた。「シティー・ブルーズ」とは言うまでもなく「カントリー・ブルーズ」との対比から生まれた名で、そのサウンドは都会的、ある意味「白人社会との同化」を意味していた。

マディーはその「シティー・ブルーズ」のスタイルに、もう一度デルタの魂を吹き込み「シカゴ・ブルーズ」の礎になった男である。

決してギターが上手いわけでもなく、歌が特別上手いわけでもない。それでもなお惹きつけられるのは、彼の放つ強烈なフェロモンのせいではなかろうか?

彼のブルーズは「強い男」そのものだ。

精力絶倫で肉体を誇示し、また何者も寛容に受け入れるその姿に多くの者は「古き偉大なる父親像」を見たに違いない。それはまた、アフリカにルーツを持つ黒人文化のコアな部分でもある。

現在のブラック・ミュージックにもかすかに残る「匂い」は、このアルバムにその原点を嗅ぎ取ることが出来る。

ちなみに彼の代表曲の「フーチー・クーチー・マン」の「フーチー・クーチー」とは「男性の○○○(自主規制)と女性の○○○(自主規制)」を意味する隠語だそうだ。

う~~ん、やっぱり精力絶倫だ(笑)

  • 最終更新日: 2017/01/15
  • 公開日: 2004/04/25

TOP